宇宙船

映画の話

プラネタリウム

プラネタリウムってつまり、見せかけの宇宙ってことなんでしょうか。

彼女たちの、彼の、やっていたことは宇宙ではなくてプラネタリウムだったのかしら。
だけどわたしは、最後にローラが見た電飾の星が、電飾でも本物でもどちらでもよかったです。星は星でした。きっとローラもそう感じていたと、思いたいです。

映画を作る映画って素晴らしいですよね。
この映画も、映画を作る映画でした。
戦前と呼ばれる時代、それがまだ戦前だと知る前の時代のことです。


プラネタリウム』(2016年)

アメリカ人の姉妹ローラとケイトは、死者の言葉を人々に届ける降霊術で生活をしていました。パリでふたりのショーを見た映画プロデューサーのコルベンは、ふたりに興味を持ち、自宅に招きます。コルベンは降霊術で死者を感じ、映画にしたいと思いました。
最初はふたりの降霊術をそのまま映像にする予定でしたが、周りの評判はイマイチでした。でも、これをきっかけに、強く美しいローラは女優になりました。霊感のあるケイトは、コルベンと共に霊を映す実験に関わるようになり、姉妹の生活は変わっていくのでした。


貧乏で、故郷に帰るために降霊術をする姉妹は、映画の世界に出会い、友人たちとの華々しい生活が始まります。

ケイトに霊感があるのか、降霊術はインチキなのか本物なのか、最後までわかりません。
おそらくローラにも本当のところはわからなかったでしょう。ケイトは知っていたと思いますが、彼女は何も語りませんでした。

嘘なのか本当なのか、という話ではありません。何か大きなものに夢を見る人々の話っていうんですかね。
彼らの時代には、もう、いろんな技術を使ってスクリーンに霊を再現することができました(ーーもう、というか、映画が生まれた頃からできますが)。
でもコルベンは本物にこだわっていました。
それって、死者はいる!って気持ちもあるけど、それよりも、映画はそんなもんじゃない!の気持ちに思えました。


ローラとケイト、このふたりが本当に美しくて、だってナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・デップですよ、どの瞬間だって目が離せませんでした。
ナタリーが、というかローラが、とてもおもしろい人で、ファニーじゃなくてインタレスティングの方ですよ、知的で理性的な雰囲気があって、クールなんですが、ものすごく表情も感情も豊かで、“どんどん出てくる”と言うべきでしょうか。
たくさん、あのシーンのここ!この言い方!あの顔!って言いたいところがあって、きりがないです。

本当に美しくて知的で、しっかりしていそうなのに、笑い方が馬鹿みたいなんですよ。ちょっとパリでそんな笑い方しないでよ〜!って小声で言いたくなりました。笑
でも、これがローラなんだなぁと安心するというか。
やっぱり、生活とかお金とか、妹の面倒見なきゃとか、わたしがしっかりしなきゃとかで、外側が固まってるところがあると思うんですよ。でもローラもただの女の子で、本当は気取ってないし不器用だし、恋もするし、嘘は下手で、ちょっとダサい。
そんな様子がずっと描かれていて、彼女のことを好きになるしかない。

ローラやコルベンが野心丸出しに突き進んでいく一方で、ケイトはじっとしていました。死、すら受け入れてしまうくらいに、じっとしていました。
わたしはケイトのことがめちゃくちゃ好きでした。
ローラのように表情豊かではないけど、ひとつひとつが強くて、真っ直ぐでした。


時代はどんどん戦争の方へ進んでいって、だから、「華々しいあの頃」よりは「華々しかったあの頃」と言う方がしっくりくるかもしれません。
でも「華々しい」より「華々しかった」の方が圧倒的に輝きを増す感じがします。ニュアンスですけど。

みんなで集まって哲学的な話をして、お酒飲んで、雪合戦するパーティー、わたしもやりたい!
それから映画の話をして、南仏の海で遊んで、笑って、あの頃のわたしたちは本当に楽しかったよねぇと、そういう過去の夢と、もっと素晴らしくなるという未来への夢の映画でした。

広告を非表示にする